読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

名古屋で女装しましょ!

名古屋で女装したい人のためのポータル(入り口)になる情報を提供します

日本人の3.8%がしてみたい女装(異性装)はスケート(1・5%)よりも格闘技(1・3%)よりも人気なんです

「女装をしたい」とはじめて思ったときに頭によぎるのは、ちょっとした罪悪感みたいなものかもしれません。

「男なのに女になりたいなんて、僕って変態?頭おかしいの?」などなど

変身願望というのは誰でももっているものです。

もちろん男が女になりたいというのは少数派ではありますが、絶滅危惧種というほど少なくはありません。

 

LGBT」という言葉を最近よく聞くことがあるでしょう。(L=レズ女性の同性愛者、G=ゲイ男性の同性愛者、B=バイセクシャル両性を愛せる人、T=トランスジェンダー、性同一性障がいなど)の略です。

電通ダイバーシティ・ラボが2万人を対象に2015年に行った調査では、日本人のうちLGBTであると答えた割合は、7・6%でした。(詳細の数字はハフィントンポストより)

日本の成人人口約1億人とすると760万人という大きな数字になります。

さて、このうち女装はどれくらいいるかといいますと、

女装の定義はいろいろですが、ざっくりこのトランスジェンダー(性が入れ替わる=異性の服を着る)としてとらえられることが多いようで、2012年の前回調査では、女装を含めてトランスジェンダーとして調査したところトランスジェンダーは4・1%だったそうです。400万人となりますね。

しかし、トランスジェンダーがみんな女装というわけではないです。男装もいれば、Xジェンダーといって(男か女かわからない)など、はっきり区分けができない性認識の人が多くいます。

2015年の調査はそうした一般的なイメージの女装が含まれるのではないかと思われる「その他」という項目が設けられました。

すると「その他」は3.8%いました。

女装(もしくは男装)をする、したい傾向のある人が100万単位で存在するということはどうやら確実なようです。

 

サイト女装ワールドの推定では70万人くらいとしてます。

 

「その他」とは、図のどのカテゴリーにも該当せず、Xジェンダー(男女どちらとも決めたくない人)、インターセクシュアル(体の性がどちらとも言えない人)、アセクシュアル(無性愛者)、クエスチョン(心の性や性的指向がわからなかったり、迷っていたりする人)などが含まれる。

 

ながながとデータを紹介してきましたが、言いたいことは

「女装をしたいあなたは特殊でも、変質者でもない」

ということです。

この国民の4%というのがどういう数字かというと、国の文部科学省スポーツ庁が2013年に世論調査をしていますが、「1年間でやったことのあるスポーツ」では

サッカー・フットサル4・9%

ダンス4・0%

ボートなど水上スポーツ 3.9%

スケート 1・5%

柔道など格闘技 1.3%

となっています。

「スケートをやりたい」よりも「女装をしたい」ということのほうが、メジャーな趣味であるということなのです。

 

格闘技をする人が「強くなってモテたくて始めた」ということが往々にあるように、一方で「ダイエットのために始めた」人もいるように。

女装をしたい人が「性的欲求(モテたいを含む)」であろうと、着飾りたい欲求であろうと、それはある程度、自然な欲望であるのです。

 

ですから、「女装したい」と思ったことを罪悪感に思う必要はありません。

ただし、ほかの人がどう思うかは別問題なので、安易に「女装したい」や「女装している」ということをまわりの家族、同僚、友人らに告白=カミングアウトすることは避けたほうがよいです。

要は自分にだけ、自分の心に素直でいればいいのです。

 

f:id:takatakamyan:20160715084656j:plain

女装して寿司食べたい!の図

 

女装がしたい。でもメイクしても女になれるか自信ない、という初心者さまに

近年、女装するコストはどんどん下がっています。

かつては専門店しかなく、衣装や下着を含めてすべてのグッズが1品1万円以上するというのもザラだったとか。

今は通販(家族同居などでも、アマゾンでコンビニ着で注文すれば無問題)がハッテンしていますから、だいぶ安く簡単に女装グッズを揃えることができます。

ただ、「女装をしたい」という思いを実現するのにはだかるのは、お金だけでなく、むしろ心の壁であることが多いのではないでしょうか。

 

その壁を簡単に越えることが、今の時代は可能になっています。

 

しかも、無料で。

 

それは、画像加工アプリです。

犬の耳や鼻がついちゃう「SNOW」が有名ですが、メイクができてしまうアプリとしては、女装子の必携「BeautyPlus」そして、iPhoneでしたら「YouCamMake」がオススメです。

 

わたしのビフォーアフターを出せばいいのでしょうけど、わたしもB面(女装子の男性の状態のこと)を晒すには壁が高すぎます(・ω・)

 

ということで、

神を召喚しましょうね。

Web業界のフリー素材の神、大川竜弥さん(ぱくたそ)です!

 

 

f:id:takatakamyan:20170318112130j:plain


無料で使い放題、加工もOKというフリー素材集「ぱくたそ」の神様であられます大川さまに犠牲、いえ実験台になっていただきましょう。

 

ドン!

f:id:takatakamyan:20170318112134j:plain

 

びっくりしたでしょ〜f^_^;)

「自分じゃなくて、女装した大川さんを愛でたい?」ですって?

それは大川さんは俳優ですからイケメンです。なかなかこのレベルにはいかないものの、きっと「わりとわたしってかわいいかも、きれいかも」と思えるはずです。

 

さて、大川さんにアプリで加工したのは、

1 肌の色

2 目のメイク

3 目を大きく

4 眉の形

5 髪型

6 口紅

7 チーク

8 鼻筋

9 小顔

と、あらゆる機能を使っています。

このことは、こうしたパーツを実際にメイクなどによって施すことによって、女装が「できる」ということがわかると思います。